日本の給付型奨学金【JASSOと財団の2種類】

海外留学の際、奨学金はどんな種類があるのか混乱してしまいますよね。

この記事では、返還義務のない給付型奨学金のみをご紹介します。

奨学金は大きく分けて2種類あります。まず1つ目は、JASSOと呼ばれる、独立行政法人日本学生支援機構が提供する奨学金です。そして2つ目が、個人の財団が提供する奨学金です。

JASSO

この奨学金の正式名称は、海外留学支援制度(学部学位取得型)といいます。

内容

毎月の受取額59,000円~118,000円
受取期間原則4年
定員45名 (2021年度実績)
渡航時期2022年4月1日~3月31日の間 (2022年度募集)

条件

国籍/永住権日本
経歴国内外の高等教育機関/ 大学準備コースに在籍したことがない
学歴高等学校またはそれに相当する卒業資格
成績3.7 (5段階中)
両親の年収 (2020年)2,000万円以下

※表は重要条件を抜粋しました。その他の条件に関しては、JASSOの募集要項をご覧ください。

審査スケジュール (2022年度の場合)

この奨学金の応募には、書類審査と面接審査の2種類があり、その審査の合格者のみ受け取ることができます。

募集要項公開2021年9月1日
事前登録期間2021年9月6日~2021年10月7日
応募受付期間2021年9月6日~2021年10月15日
書面審査結果通知2022年1月上旬
オンライン面接2022年1月22日・2022年1月23日いずれか
合否発表2022年3月上旬

個人の財団

今回、個人の財団が提供する奨学金については、留学先の国に制限のない孫正義財団江副財団の2団体についてご紹介します。

孫正義財団

奨学金の上限はありませんが、成績のハードルがかなり高いです。

定員40人
金額上限なし
年齢25歳以下
その他国内外の活動で優秀な結果を持っている

奨学金の上限はありませんが、満たさなければならない応募条件のハードルが高いです。

“国内外の活動で優秀な結果を持っている”というのは、学校の成績やコンクール、起業などを通じて優秀な成績を収めた応募者のことです。

江副財団

孫正義財団と比べ、条件としては江副財団の方が緩く感じますが、定員が10人なので倍率が高いです。

定員10人程度
金額1,000万円まで
英語力IELTS7.0以上/TOEFL100点以上
専攻理系
QS世界大学ランキング総合30位以内
理系部門30位以内
各国で1位の大学

給付型はハードルが高いと感じる方は、貸与型奨学金や国の教育ローンもあります。

国の教育ローンはこちらの記事でご紹介しています。

JASSOの貸与型奨学金はこちらの記事でご紹介しています。


以上が給付型奨学金についてでした。

不明点などございましたら、コメントかお問い合わせよりご相談ください。