高校の成績が足りない!4つの解決法【マレーシア留学】

カンタンかと思っていたマレーシア大学留学、いざ学校の募集要項を見ると、

 
留学希望者Aさん
高校の成績or単位が足りないじゃん!

なんて状態の方もいるかと思います。
しかし入学する方法はあります。これからご紹介する方法を使えば、大体の方が行きたい大学に入学することが可能です。

ちなみに、高校の成績表を発行してもらえないという方は、こちらの記事をご覧ください。

大学のレベルを下げる

これが一番手っ取り早い方法ですが、学費が比較的高めな私立校になってしまう可能性が高いです。また学費が高くなくても、ただ生徒数を増やしたいだけで授業や事務処理が雑なところも多いようです。

一方で、

 
留学希望者Aさん
とりあえず学位を取りたいなあ
 
留学希望者Bさん
ゆくゆく他校に編入するから単位を稼ぎたい

という方にはこちらの方法をお勧めします。

ですがいくらレベルを下げても入りたい学科によっては、

 
留学希望者Aさん
普通科高校出身じゃないから、普通科目の単位がない!
 
留学希望者Bさん
どうしてもあの大学に通いたい!

という方もいますよね。そんな方には、学校に通って足りない成績を補うか、高校の成績の代わりになる試験の受験かすることをお勧めします。

ファウンデーションコースに通う

ファウンデーションコースとは、大学内に設置された大学準備コースのようなものです。

基本的には1年間のプログラムとして提供している大学が多いですが、2年間掛かる大学もあります。

このコースを経由することによって新たな成績が取得でき、その成績が大学入学の際の判断基準となります。イメージとしては、日本の大学付属高校からエスカレーター式で入学するのと同じようなものです。ある程度の成績を取っていれば無事大学の学位コースに通うことができます。

また、ファウンデーションコースだけA大学に通ってのち、学位コースはB大学へ編入することもできます

ちちなみにファウンデーションコースに入学すると、大学によっては学費をディスカウントしてくれるかもしれません。

学校によりますが、ファウンデーションコースのみ、或いは、ファウンデーションコースと学位コースの両方を10~20%程度割り引いてくれる大学もいくつかあります。

日本の通信制大学に通う

一時的に通信制大学に通うことで、条件を満たせなかった科目の成績を補ったり、部分的に単位を取得することができるかもしれません。

しかし大学によっては、通信制大学の在学中の成績を評価の対象としないことも多いです。なのでまずは、事前に入学したい大学に問い合わせてみましょう。私が応募した大学の3校中1校は、在学中の通信制大学の成績も評価に入れてくれました。

ちなみに、通信制大学を卒業さえしていれば、成績評価の対象としてくれる大学は多いです。

通信制大学は、高校卒業をした人なら簡単に入学することができ、単位も安く取得できます。

おすすめの通信制大学は放送大学です。放送大学の場合、自分の取りたい科目だけを1科目11,000円で受けることができます。(本田翼さんも卒業生です!)

高卒認定試験を受験する

高卒認定試験とは年に2回、8月と11月に行われる試験で、これを受験することによって、高校を卒業しなくても大学や専門学校などに進学できるようになります。

1科目から受験できるので、必要な科目や取得できなかった科目のみの受験もできます。

ですが念のため、受ける前に入学したい大学に、高卒認定試験の成績は適用されるか、何点以上取ればいいか問い合わせてみましょう。


以上が高校の成績が足りない場合の解決法でした。

  • 1. 大学のレベルを下げる
  • 2. ファウンデーションコースに通う
  • 3. 日本の通信制大学に通う
  • 4. 高卒認定試験を受験する

また、マレーシア留学する際の手順についてはこちらの記事で解説しています。

不明点などございましたら、コメントかお問い合わせよりご相談ください。