マレーシアで給付型&貸与型奨学金【大学正規留学】

この記事は、マレーシアの奨学金に関する情報が少なくて困っている方に向けて、マレーシアに留学した筆者が、奨学金を種類別に紹介していきます。

まず、現在マレーシアが国として出している奨学金はありません。以前は募集があったようですが、ここ数年は情報が更新されていませんでした。

ですので奨学金を受け取りたい場合は、日本の団体からの奨学金か、大学独自の奨学金を申請しましょう。しかし大学独自の奨学金は、学校によって変わりますのでこの記事では説明を省きます。

日本の奨学金は、個人の財団が提供しているものと、JASSOが提供しているものがあります。以下で順にご説明していきます。

個人の財団 (給付型)

マレーシアの大学も応募対象となる、2つの財団をご紹介します。どちらの奨学金も給付型です。

孫正義財団

定員40人
金額
年齢25歳以下
その他国内外の活動で優秀な結果を持っている

奨学金の上限はありませんが、満たさなければならない応募条件のハードルが高いです。

“国内外の活動で優秀な結果を持っている”というのは、学校の成績やコンクール、起業などを通じて優秀な成績を収めた応募者のことです。

江副財団

定員10人程度
金額1,000万円まで
英語力IELTS7.0以上/TOEFL100点以上
専攻理系
QS世界大学ランキング総合30位以内
理系部門30位以内
マレーシアで1位の大学 (マラヤ大学)

SQ世界大学ランキングのマレーシア1位はマラヤ大学なので、マラヤ大学に留学する方は応募資格があります。

しかし残念なことに、総合部門、理系部門ともに30位以内に入る大学は、マレーシアにはありませんでした。ですので、マラヤ大学以外の方は応募資格がありません。

JASSO

JASSO(日本学生支援機構) 給付型

正式名称は、海外留学支援制度(学部学位取得型)といいます。

この奨学金の応募には、書類審査と面接審査の2種類があり、その審査の合格者のみ受け取ることができます。

内容

種類給付型 (返す必要無)
毎月の受取額59,000円~118,000円
受取期間原則4年
定員45人 (2021年度実績)
渡航時期2022年4月1日~3月31日の間 (2022年度募集)

条件

国籍/永住権日本
経歴国内外の高等教育機関/ 大学準備コースに在籍したことがない
学歴高等学校またはそれに相当する卒業資格
成績3.7 (5段階中)
両親の年収 (2020年)2,000万円以下

※表は重要条件を抜粋しました。その他の条件に関しては、JASSOの募集要項をご覧ください。

審査スケジュール (2022年度の場合)

募集要項公開2021年9月1日
事前登録期間2021年9月6日~2021年10月7日
応募受付期間2021年9月6日~2021年10月15日
書面審査結果通知2022年1月上旬
オンライン面接2022年1月22日・2022年1月23日いずれか
合否発表2022年3月上旬

JASSO(日本学生支援機構) 貸与型

概要

正式名称は、第二種奨学金 (海外)といいます。

種類貸与型 (返す必要有)
毎月の受取額20,000円~120,000円
受取期間在学期間中

年利

年利は利率固定方式と利率見直し方式の2種類があり、どちらにするか選ぶことができます。

以下の表では、2021年4月に貸与終了した場合の利率をそれぞれご紹介します。

固定方式0.268%
見直し方式0.006%

ちなみに、どちらも上限は3%までです。

また留学用の貸与型奨学金は利子に加え、保証金も必要となります。

保証や利用条件に関してはこちらの記事で解説しています。

返還

貸与終了の翌月から7か月目の月から始まります。

申請方法

また貸与型の場合、申請方法が2種類あります。

渡航前に申請する予約採用と、渡航後に申請する在学採用です。どちらの方法で応募するかは、応募者の卒業後の年数によって異なりますので、以下の表でご確認ください。

▸ 国内の学校卒業見込み
▸ 国内の学校卒業後3年以内
予約採用
▸ 国内の学校卒業後4年以上
▸ 海外の学校を卒業
▸ 既に海外の大学に在学している
在学採用

予約採用と在学採用の応募条件や応募方法については、こちらの記事で解説しています。


以上がマレーシア留学で使える奨学金についてでした。

不明点などございましたら、コメントかお問い合わせよりご相談ください。